ryokan当館の温泉は、源泉から湯船に滔々と注がれる温泉を循環・ろ過を一切せずにかけ流す「源泉からのかけ流し」です。源泉から当館への給湯は、地中から自然に湧出した温泉水(自然湧出)を浴槽に供給し、浴槽から溢れ出た湯を排出しています。美人湯としても有名ですが、日奈久温泉・霊泉発見の由来にもありますように、傷の治りや体の治癒力を高める様々な効果があるようです。また、術後の湯治や開腹手術後の湯治に適した泉質でもあります。

効能

泉質は単純温泉(弱アルカリ単純泉)。
リウマチ、神経痛、外傷性障害後遺症、アトピーや皮膚病、痛風などに効果があると評判です。
ストレス解消・病後の回復にも効果があります。
湯冷めしにくいなど。

特徴

サラッとした湯上りで肌にも良い美人湯として有名です。

お料理

魚をメインにした新鮮な海の幸料理、なかでも太刀魚やチヌの塩焼きはおすすめの一品です。
ひなぐ味噌を使った「かに汁」や「あさり汁」なども評判が良いようです。
お米は、地元でも特においしい、球磨川の霧に育まれた百済来米を使用しております。

日奈久温泉の由来

日奈久温泉は、約六百年前(一四〇九年)、浜田六郎が父の刀傷をいやそうと、に祈ったところ、夢でお告げがあり、わった場所を調べてみると泉が湧き出ていたと伝えられています。その場所は今の本場で、当時は海中でした。この霊泉発見が伝えられると、六郎の孝徳と、その霊験とを慕って療養にくる人が多くなりました。参勤途上の島津候もよく利用し、江戸初期には細川家の藩営温泉に指定されました。